仕事を3年目で辞めることについて。転職はアリ?なし?

仕事を3年目で辞めることについて。転職はアリ?なし?
お悩みくん
お悩みくん
働き始めて3年目。
今の仕事、自分に合ってないかも。
仕事を3年目で辞めるのってどうなの?
転職はアリ?なし?

 

このような悩みを抱えている人へ。

 

私の経験上、働き始めて3年目は最も仕事が辞めたくなる時期です。

 

3年目を乗り越えると意外と継続できるものですが、むりをして続けるのは時間がもったいない。

 

なので結論を言うと、3年目で転職はアリだと思います。

ただし、自分の幸せのために後悔のない選択をすることが重要。
よく考えて決断するべき!という意見です。

 

ぜひ本記事を参考に、3年目で仕事を辞めることについてご自分と相談してみてほしいです。

この記事を読み終えたら、幸せな未来のためにベストな選択ができるようになりますよ。

 

ちなみに私はブラック企業で7年間も働き続けました。
理由は、3年超えたあたりから仕事が楽しくなったからです。
とはいえ、7年も続けるべきだったかと言うと、そうではないと思っています。

 

私を反面教師にしつつ、後悔のない選択をどうぞ。

 

3年目は最も仕事を辞めたくなる

 

冒頭でも述べた通りです。

働き始めて3年目は最も仕事を辞めたくなってしまいます。

 

仕事へのモチベーションは3年間で変わっていく

 

前もって言いますと、私は心理学者ではないので詳しいことはわかりません。

 

しかし、驚くことに仕事の3年間は辞めたくなるような仕組みになっています。

たしかに人によります。でも、少なくとも私の場合はこれが真実でした。

 

働き始めて1年目

1年目は仕事を覚えるのに必死で、わけもわからずに時間が過ぎていきます。
つまり、余裕がない。

 

でも、仕事ができる先輩や上司を見て、「自分もいつかあんな風になりたい」と明るい未来を想像します。

 

仕事を覚えつつ、目標に向かってがむしゃらです。
高いモチベーションのまま、あっという間に1年という月日が経ちます。

 

仕事に慣れる2年目

2年目になると仕事にも慣れて、ちゃんと基本を押さえてこなせるようになります。

 

1年目の復習をするような感覚で淡々と時が過ぎるので、2年目も意外とあっさり乗り越えられるものです。

 

余談ですが、調子に乗りやすいのも2年目な気がします。
仕事に慣れて余裕ぶっていると、ミスをして痛い目にあいやすい。
恥ずかしい話、私がそうでした(笑)

 

辞めたくなる3年目

3年目になると、2年間こなしてきた仕事をまた繰り返すことになりますよね。

 

この頃には、仕事のなにが「楽」で、なにが「辛い」のかがわかってしまう。
「楽したい」という気持ちと「やらなきゃ」という使命感に葛藤が生まれます。

 

なので、仕事に対してストレスを溜めやすい。
これが3年目に仕事を辞めたくなる原因です。

 

残念ながら、最初のモチベーションは消えかかっています。

 

仕事が楽しくなるのは4年目から

 

とはいえ、私の経験上、仕事が楽しくなるのは4年目くらいからでした。

 

前の職場の上司には、「3年続けたら変わるから、今は辛いけど頑張って!」と言われていまして。

 

半信半疑で頑張った結果、労働条件はブラックなのに仕事は楽しい!というマジックにまんまとハマってしまいました。
結果的に7年間もお世話になったのです。

 

おそらく、ストレスとの上手な向き合い方を学ぶのでしょう。
また、高いレベルで仕事ができるようになるので、自信もつく。

こうなると、ようやく仕事が楽しくなる時期となります。

 

なので、あなたも辞めたい理由が「なんとなく辛い」くらいだったら、まだ続けてみる価値はあるかもしれません。

 

転職という判断はまだ早かった!とならないように、慎重に選択しましょう。

 

3年目で転職はアリ?なし?

 

結論に戻りますが、3年目で転職はアリです。

ただ、「なんとなく」という言葉が思い浮かぶのなら、転職はまだ早いかと思います。

 

まずは以下の項目を参考に、自分が辞めたいと思う理由を明確にしましょう。

 

このような理由なら転職は「アリ」

 

例えば以下のような理由です。

・仕事内容が合わない

・労働条件が悪い

・人間関係が悪い

・他にやりたいことがある

 

それぞれ見ていきましょう。

 

仕事内容が合わない

仕事内容が合わないと感じる場合、3年目での転職はベストです。

 

もちろん、世の中で自分にピッタリな仕事を全うしている人は少ないと思います。

 

しかし、変えるなら今がチャンス!

仕事内容が合わないって贅沢な悩みかもしれませんが、新しいことにチャレンジするなら「今」です。
自分に合った仕事を探してみましょう。

※後ほど説明しますが、3年目であれば転職にも有利です。

 

労働条件が悪い

給料が極端に低かったり、労働時間が鬼のように長いなど。

 

いくら仕事が楽しくても、労働条件が悪いと未来は暗いです。
転職する理由としては明確ですね。

 

人間関係が悪い

上司のパワハラ、同僚のいじめなど。
職場に足を運ぶだけでも憂鬱なはずです。

 

この場合、今の職場で働く価値はありません。
心と体を壊してしまう前に、早急に転職するべきです。

 

他にやりたいことがある

はい、これは自分の未来を明確に考えているので、転職は「アリ」です。
むしろ、早急に行動するべきかと思います。

 

他にやりたいことがあるのなら、今の職場にいる時間がもったいない。
幸せをつかみましょう。

 

このような理由なら転職は「なし」

 

繰り返しますが、「なんとなく」辞めたいなら転職はまだ早いかと。

なぜなら、自分の未来を明確に見ていないからです。

 

なんとなく辞めたいからって転職するのは、なにも解決になりません。
違う職場でもまた同じことを繰り返す可能性があります。

なので、職場内で解決できるのであれば解決するべきです。

 

 

例えば、今の部署がイマイチなら異動願いを出す。

なんとなく合わない人がいるなら、その人にどうやって歩み寄るかを考えてみる。

なんとなく仕事が嫌なら、楽しむ工夫をしてみる。

 

現状を変える努力をしなければ、仮に転職できてもまた同じです。

 

「なんとなく」は未来を良くできるか微妙なので、もう少し頑張りましょう。
4年目から変わるかもしれません。

 

転職するなら3年目は良いタイミング

 

「なんとなく」でなければ、3年目の転職はむしろベスト。

自分が望む未来を明確にできた方は、以下を読み進めてください。

 

第二新卒が転職に有利

 

3年目であれば第二新卒扱いになります。

 

第二新卒は、社会人としての基盤ができています。

若手なので将来を有望視され、ベテラン社会人よりも未経験職に採用されやすいです。

 

企業の面接官からも戦力として雇われやすい時期なのです。

 

仕事を継続できる人として見られる

 

1~2年目だと微妙ですが、3年目となると仕事の継続力が評価されます。

 

転職する理由がそれなりであれば、少なくとも仕事から逃げる人間には見られません。

 

そういった意味では、社会人としてのキャリアを積みつつ新たなチャレンジができる。
転職のタイミングとしてはベストかと。

 

実際に継続力が身に付いている

 

不思議なことに、転職したら何年目になっても仕事を継続できるメンタルが育っています。
これは、まさに私の経験談なので根拠はありません。

 

ただ、おそらく社会人としてのキャリアがメンタルを養ってくれたのだと思います。

※社会人キャリアだけ見たら3年目で転職したとして、転職先は1年目ですが社会人は4年目です。

 

実際に現在の私は、仕事がダルイと感じる日はあれど、出勤が憂鬱だったりとかは一切ないです。

 

転職しようか迷う段階なら?

 

3年目での転職は良いタイミングなのはわかったけど、まだ一歩を踏み出す勇気がない!
という方におすすめなのが、転職サイトに登録だけして眺めるという方法。

 

理由は、自分の転職条件をイメージしやすいからです。

仕事内容や労働条件などに注目して、様々な求人に触れてみましょう。
自分の未来を想像しつつ、転職活動へのモチベーションが上がります。

 

以下の記事でおすすめの転職サイトをまとめているので、参考にどうぞ。

 

 

転職すると決断したら

 

迷わず転職エージェントに申し込みましょう。

 

社会人3年目であれば、紹介してくれる求人の質も高いかと。
また、1人で転職活動をするよりも圧倒的に労力を削減できます。

 

無料で手厚いサポートを受けつつベストな選択をしたいなら、以下の記事をどうぞ。

 

 

まとめ

 

仕事の3年間は辞めたくなるようにできています。

もちろん人によりますが、少なくともあなたと私はそうなのだと思います。

 

もし3年目で辞めたい理由が明確なら、転職する時期としてはベストです。

 

ただし、「なんとなく」という言葉が浮かんだら、転職は早いかもしれません。
私の経験談ですが、4年目くらいから仕事が楽しくなります。

なんとなく仕事が嫌なら、現状を変える努力が先です。

 

辞めたい理由が明確なら、行動に移しましょう。

ゆっくり行動するなら転職サイトを眺めるのがおすすめ。
転職を決断するなら転職エージェントを利用しない手はありません。

 

幸せな未来のために、ベストな選択を心がけましょう。

今回は以上です。ご覧いただきありがとうございました。