失敗を恐れるな!人間関係が良い職場かを見極める転職活動。

失敗を恐れるな!人間関係が良い職場かを見極める転職活動。
お悩みくん
お悩みくん
今の職場、居心地悪いんだよね・・・。
仕事は嫌いじゃないけど、人間関係が最悪でさ。
だから、転職しようかと思うんだ。
でも次こそは人間関係が良い職場で働きたいから、失敗だけはしたくないな。

 

突然ですが、私は働く上で最も重要なのは人間関係だと思います。

今の職場の人間関係が劣悪なら、尚更です。

 

なぜなら、人間関係が悪いと居心地が悪いから。

どんなに好きな仕事でも、どんなに給料が良くても、居心地が悪い場所に毎日足を運ぶのは辛いですよね・・・。

 

なので、次こそは人間関係が良い職場で働きたい!という気持ちはとてもわかります。

 

それなら、行動あるのみです!転職活動に一歩踏み出しましょう。

 

良い環境で働きたいと望むのであれば、転職活動の時点である程度リサーチが必要。

求人を眺めているだけでは、企業の雰囲気を知ることができません。

 

転職活動において人間関係が良い職場かを見極める方法がいくつかあるので、本記事でご紹介。

 

この記事を読めば、良い雰囲気で働ける職場の探し方を学び、失敗を恐れない転職活動ができますよ!

 

※とはいえ、念のためお伝えしておきます。

言うまでもないとは思いますが、最終的に判断するのはご自分です。

必ず参考にはなるとは思いますが、「自己責任」です。

 

記事の内容はこちら。

・転職活動において人間関係が良い職場か見極める方法

・人間関係があまり良くなさそうな企業の特徴

・結局は働いてみないとわからない。自ら良い関係をつくる努力も大事。

・失敗を恐れている場合ではないので、とにかく行動しましょう!

 

それでは、ご覧ください。

 

転職活動において人間関係が良い職場かを見極める方法

 

方法は4つあります。

・面接の時に判断

・企業の評価や口コミをチェック

・離職率をチェック

・転職エージェントを利用する

 

順にご紹介しますね。

 

面接の時に判断

 

企業の面接は、実際に職場の雰囲気を知る良い機会です。

 

もちろん、ボランティアや見学会があればそれに参加するのも判断材料になりますね。

 

私の今の職場は、見学会に参加して入社しました。

見学した所と実際に配属された部署が違うのでなんとも言えませんが、企業の雰囲気は伝わりましたよ!

 

面接の時にチェックすべきなのは以下の通り。

・社員同士の会話はあるか?

・社員同士で挨拶を交わしているか?

・働いている年齢層をチェック

 

面接だけで全てを判断するのは難しいかもしれないので、ざっと頭に入れておくだけでも良いと思います。

 

社員同士の会話はあるか?

仕事と関係ない会話ばかりだと考え物ですが、社員同士が和気あいあいとしている職場は人間関係が良さそうですね。

 

情報の共有や助け合いもあると思いますし、働いていて居心地が良いと感じるのではないでしょうか。

 

とはいえ、職種にもよるかと思います。

 

例えば、事務作業が中心だとあまり余計な会話はないでしょうし、おそらくとても静か。

 

こういった雰囲気が好きな方もいるとは思うので、ご自分で確かめてみましょう!

 

社員同士の挨拶を交わしているか?

挨拶がある・ないは良い人間関係を築く上で重要だと思います。

挨拶が全てではないですが、雰囲気づくりの基本です。

 

もし面接に行った時に、面接を受ける立場である自分にも笑顔で挨拶してくれる職場であればベストですね。

 

働いている年齢層をチェック

幅広いほど良いです。

特に長く働いていそうな人がいれば、それだけ良い環境なのかと推測できますね。

 

なぜなら、長く働けるほど環境が良い証拠だからです。

 

ある程度年配の人がいて、なおかつ若い人がのびのび仕事をしていたら、仮に待遇が悪くても離れたくない職場だと思います。

 

ちなみに私はブラック企業で働いていましたが、仕事内容と人間関係は最高でした。

そのせいで7年もブラック企業から離れられませんでしたが、まぁ、良い経験でした!(笑)

 

企業の評価や口コミをチェック

 

気になった企業や面接予定の企業は、評価や口コミを調べるのも判断材料になります。

 

企業の口コミを調べられるエン ライトハウスというものがありまして、下記にURLを貼っておきます。

 

エン ライトハウス https://en-hyouban.com/

 

非常に便利なので、ぜひ活用してみてください。

 

目安としては、最低★3以上は欲しいかもです。

あとは、実際に働いたことがある人のコメントも見れるので、参考にしてみましょう。

 

とはいえマイナスの意見が多いので、あくまで参考程度に。

自分なら許せる範囲もあると思うので、意見に惑わされすぎないようにしましょう。

 

離職率をチェック

 

可能であれば離職率もチェックしておきましょう。

 

単純に、離職率が低ければ辞めた人も少ない。

つまり、人間関係が良い職場である可能性は高いです。

 

調べる方法としては、企業のホームページとかですかね。

 

あとは、求人サイトに離職率が低いのをウリにしている企業もあるので、求人はマメに見ておくと良いです。

 

転職エージェントを利用する

 

いずれにしても転職活動と並行していくと思うので、手っ取り早いのは転職エージェントを活用するのがおすすめ。

 

なぜなら、エージェント担当者が過去に転職した人のリアルな声を聞いているから。

ある程度、企業の雰囲気を聞き出せる可能性が高いです。

 

なので転職エージェントを利用した際は、気になった企業があれば色々質問してみるといいかもです。

※例えば、人間関係、社風、上下関係、労働・残業時間など。

 

とはいえ、人間関係を重視したいと思うので、とりあえず「人間関係が転職理由なので、次こそは人間関係が良い職場が絶対条件です」と伝えれば、相談にも乗ってくれるはずです。

 

人間関係があまり良くなさそうな企業の特徴

 

逆に、人間関係があまり良くなさそうだなと判断する方法もあります。

 

それはずばり、大量に求人募集をしている企業です。

 

なぜなら、それだけ人手不足のため、離職率が高いと判断できるから。

正直、職場の環境が良いとは思えませんよね。

 

逆に言えば、求人募集が少ない企業は、競争率は高めかもしれませんが狙い目。

タイミングが良ければ受かるかもしれませんし、入社すれば良いワークライフを過ごせる可能性もあります。

 

とりあえず、転職するならまずは求人を眺めてみましょう。色々な判断材料が見つかります。

 

私は3つほど転職サイトを利用していました。

※リクナビNEXT・マイナビ転職・dodaの3つを見比べていました。

 

まずはリクナビNEXTとか大手系を試してみてはいかがでしょうか。

登録は無料ですし、求人を眺めるだけが目的なので、迷う必要なしです。

 

リクナビNEXTへの登録はこちら

 

結局は働いてみないとわからない。自ら良い関係をつくる努力も大事

 

当然といえば当然ですが、結局は働いてみないとわかりません。

最終的に判断するのは自分になります。

 

なので、受け身ではなく自分から良い人間関係を築こうと努力することが重要。

 

とはいえ、ある程度社会人としての心得があればOK。まずは謙虚な姿勢から始めましょう。

 

転職先でも人間関係が不安という方に記事を書きました。

この記事とあわせて読んでみてほしいです。

 

 

失敗を恐れている場合ではないので、とにかく行動しましょう!

 

私はこのサイトで、とにかく行動することを読者のみなさんにお伝えしています。

なぜなら、行動することで私自身が変われたからです。

 

失敗を恐れる必要はない

 

「人間関係が悪い職場に就職したから、もう失敗は許されない!」

たしかにその気持ちはわかります。でも、そんなことを考える必要はないです。

 

私の知り合いにも3回くらい転職している人がいます。

介護施設→別の介護施設→トイレ設置工事の職人→水道工事といった感じです。

 

何度も転職できるよ!と言っているわけではありませんが、生きていればやり直しはいくらでも可能です。

 

そもそも、失敗できないからといって行動することをためらうのは時間の無駄な気がします。

 

なぜなら、現時点で失敗しているのだから、もうそれ以下はないですよね。

それなら行動したほうが得ですし、行動しなければ変わりません。

 

行動するためには?

 

先ほどの繰り返しになりますが、転職エージェントの利用が最もおすすめでして。

行動に移すなら1番手っ取り早いです。

 

仮に「転職はまだいいや」という気持ちになっても、特に問題はありません。

 

私は転職した経験がありますが、思い止まった経験も。

つまり、転職活動を2回頑張ったことがあります。

 

その時も転職エージェントを利用していたのですが、「今の職場も魅力的だと気付いた」と事情を話して、転職活動をやめました。

 

ちなみに私は2回ともリクルートエージェントにお世話になっています。

もし転職未経験なら、とりあえずここを利用すれば間違いないです。

 

リクルートエージェントへの申し込みはこちら

 

良かったらレビュー記事もあるので、参考にどうぞ。

 

 

人間関係が良い職場かを見極める転職活動まとめ

 

転職活動において人間関係が良い職場か見極める方法は4つです。

・面接の時に判断

・企業の評価や口コミをチェック

・離職率をチェック

・転職エージェントを利用する

 

 

この企業は人間関係があまり良くなさそうだなと判断する方法もあります。

 

それは、大量に求人募集をしている企業です。

 

逆に求人募集を少なめにしている企業は、もしかしたら良い環境かもしれません。

とりあえず、リクナビNEXTなどを利用して求人情報を確かめてみましょう。

 

 

とはいえ、結局は働いてみないとわかりません。

 

自分で良い関係をつくる努力も重要でして、それを踏まえた上で行動しましょう。

 

 

「次の職場は失敗できない!」という気持ちもわかりますが、現時点で失敗しているのであればそれ以下はないです。

行動するべきだし、行動しなければなにも変わりません。

 

 

行動するなら、転職エージェントを利用するのがおすすめ。

転職活動もスムーズになりますし、「人間関係が良い職場で働きたい」という希望も聞いてくれます。

転職のスペシャリストなので、誰に相談するよりも有益な情報を得られるはずです。

 

リクルートエージェントへの申し込みはこちら

 

 

人間関係に悩んでいる辛い現状を、「行動」で変えませんか。

次こそは良い環境を手にしましょう!

 

それでは、今回は以上です。

ご覧いただきありがとうございました。