仕事が大嫌いなまま続けるのは「不幸」な件。

仕事が大嫌いなまま続けるのは「不幸」な件。
お悩みくん
お悩みくん
今の仕事が大嫌いです。
自分のしていることが周りに認められず、やりがいを感じない。
続ける価値はあるのかな?

 

このように、今の仕事に疑問を感じている人へ。

 

好きなことを仕事にしている人は、きっと「幸せ」ですよね。

なぜなら、仕事は一日の大半の時間を費やすため、長い時間「好きなこと」に触れていられるからです。

 

しかし、あなたは仕事が「大嫌い」です。

大嫌いなことに長い時間を費やしている今は、とても辛いはず。

なので、きっと「不幸せ」な状態なのだと思います。

 

この記事を読めば、大嫌いな仕事を続けている「不幸せ」な状況から脱し、「幸せ」な生活を送れるようになります。

 

記事の内容ですが、自分の幸せのためには以下の2つが重要です。

・仕事が生活の「中心」にならない

・仕事は「好き」じゃなくても「嫌いじゃない」

 

本記事にて深堀して解説します。

 

その前に、私のことを少し。

私はブラック企業に7年間勤めていました。

仕事は好きだったのですが、労働条件が厳しくて退職。

現在の仕事は、嫌いではありませんが胸を張って好きとは言えません。

しかし、前職より圧倒的に「幸せ」です。

それは、仕事だけが生活の中心ではないからだと自負しています。

 

前置きはこれくらいにして、早速ご覧ください。

 

大嫌いなまま仕事を続けた老後

 

例えば、自分の老後を想像してみてください。

 

大嫌いな仕事を続けて、不幸せなまま老後を迎えたとします。

胸を張って「自分、頑張ったな!」と言えますか?

 

将来の自分は、何を思っているでしょう。

「時間の無駄だった」と思いますか?

「もっと幸せになる努力をすればよかった」って思いますか?

それとも、「しょうがないか・・・。」とあきらめていますか?

 

あなたの年齢を存じませんが、仮に30歳だったとします。

定年退職が65歳だとして、大嫌いな仕事を35年間も続けるわけです。

私だったら、正直ゾッとします。

 

自分の身に何が起きているかを理解している人は、現状を変える努力をします。

世の中には、自分の幸せのために何回も転職を繰り返す人だっているわけです。

 

あなたは、どうでしょうか。

 

大嫌いな仕事を続ける「不幸せ」な現状から「幸せ」になるには?

 

本題です。

好きなことを仕事にすれば、「幸せ」になれると思います。

 

ただ、簡単ではない。

そうじゃなくても、今の現状を変えて「幸せ」にはなれます。

 

仕事が生活の中心にならない

 

仕事はあくまで「お金を稼ぐ手段」でして、人生そのものではありません。

 

なので、まずは仕事だけが生活の中心にならないようにしましょう。

 

そのためにはどうすればいいか。

 

仕事以外に夢中になれることを見つける

できれば自分の成長につながるものや、生産性のあるものがおすすめ。

 

さらに、それがお金や今後の資産になれば、仕事とは別の形で生きがいになりますよね。

 

私の場合は、ブログです。

 

英語や資格の勉強、プログラミングでもかまわないと思います。

どれも生産性があって、無駄じゃないです。

 

ただし、夢中になれることって「趣味」ではないです。

 

趣味はもちろんストレス発散のために重要ですが、それだと仕事が生活の中心であることに変わりはありません。

 

なので繰り返しますが、自分の成長につながるものや、生産性のあるものがおすすめ。

 

仕事は「好き」じゃなくても「嫌いじゃない」を目指す

 

世の中で見ると、仕事が好きな人って少ないです。

 

なので、仕事は好きじゃなくてもいいので続けられることであるべき。

つまり、仕事が「嫌いじゃない」です。

 

そのためには、少しでもやりがいを見つけることではないでしょうか。

 

好きじゃなくても、やりがいがあれば「嫌いじゃないな」と思えます。

 

さらに、仕事以外に夢中になれることがあれば、「嫌いじゃないけど続けられる」仕事をしつつ、生きがいを感じますよね。

それって「幸せ」なことだと思います。

 

具体的な方法は人それぞれですが、参考になる記事と私の意見をご紹介します。

 

まずは読んでほしい記事

自分の仕事が大嫌いになったとき、私が行った「密かな反逆」

 

フリーライターの吉川ばんびさん(女性)の記事。

司法書士事務所で、生活に困窮する人たちの借金返済をサポートする仕事にやりがいを感じていたある日、突然営業の担当を任されることになってしまった話が書かれています。

顧客にウソをついてでも売り上げを伸ばすように指示された吉川さんは、仕事が大嫌いになりました。

しかし、事務所に「密かな反逆」という形をとって状況が一転。

100人いる社員の中でもトップの成績を残すまでになったそうです。

 

彼女の「密かな反逆」は、仕事にやりがいを見つける一つの形だと思います。

ぜひ、目を通してみてほしいです。

 

仕事が大嫌いな理由からやりがいを見出す

仕事が大嫌いな人は、仕事にやりがいを感じていない。特に多いのが事務業ですね。

 

理由は以下のような感じです。

・成果を感じにくい

・人から褒められる(認められる)ことがない

・人から感謝されない。

 

なので、逆に言えば上記の1つでも満たすことができれば、やりがいにつながるのではないでしょうか。

 

ちなみに、先ほどの吉川ばんびさんの記事では、3つとも全て満たされていますね。

 

とはいえ、満たしにくい仕事があるのも事実。

人によっては1人でコツコツやる仕事が好きな人もいると思うので、やはり人それぞれかと。

 

「大」がつくほど嫌いなら、転職も選択肢の1つ

 

仕事に少しもやりがいを見出せない人は、おそらく大嫌いなままだと思います。

 

また、仕事以外で夢中になれることを見つけても、大嫌いが邪魔をして「ちょっと不幸せ」ですね。

 

それなら、嫌いじゃない仕事を探せばいいかと。

 

思考停止で働き続けるのは良くない

 

繰り返しになりますが、大嫌いな仕事を続けた人生の、老後を想像してみてください。

 

大嫌いなのを我慢して、思考停止で働き続けるのだけは良くないです。

 

最悪、心や体を壊してしまうことだってあり得ますからね・・・。

 

行動することが大事

 

このブログで何度もお伝えしています。

行動しなければ何も変わりませんし、行動することで幸せになることにつながります。

 

あなたは大嫌いな仕事を続けて、ずっと足踏みしたまま老後を迎えますか?

 

それに、転職活動って時間は必要ですがほぼノーリスクですよね。

多額な費用がかかるわけでもありません。

 

転職して1から仕事を覚えるのは大変ですが、現時点で大嫌いな仕事をやらされているのですから、むしろメリットのほうが大きいです。

 

あなたが今、大嫌いな仕事をしている自分に「緊急性」を感じているなら、絶対行動するべきです。

 

やりたいことがなくても大丈夫

 

大丈夫です。

転職エージェントに申し込めばOK。

 

なぜなら、転職エージェントであれば、あなたに合った求人を大量に紹介してくれるからです。

 

やりたいことが現時点でなくても、「これ、嫌いじゃないかも」という仕事が見つかると思います。

 

また、転職活動を1からサポートしてくれるので、労力の負担が大幅に減ります。

利用しない手はありませんよね。

 

おすすめの転職エージェント

 

求人を多く見たいのであればリクルートエージェントがおすすめ。

求人数だけで見れば約30万件、業界実績もNO.1です。

 

私も利用したので、レビュー記事を貼っておきます。

良かったらチェックをどうぞ。

 

 

 

 

まとめ

 

大嫌いな仕事を続ける人生は「不幸」です。

そのまま老後を迎えてしまうのは、もったいないと思いませんか。

一度しかない人生、「幸せ」に生活したいですよね。

 

そのためには、以下の2つが重要です。

・仕事が生活の中心にならない

・仕事が「好き」じゃなくても「嫌いじゃない」

 

仕事が生活の中心になってはいけません。

仕事以外に夢中になれることを見つけてみましょう。

自分の成長につながるものや、生産性のあるものがおすすめです。

 

また、仕事は続けられるものであることが重要でして。

そのためには仕事が「嫌いじゃない」こと。

自分なりの「やりがい」を見出してみましょう。

 

やりがいが見つけにくい仕事があるのは否定しません。

それなら、あまり難しく考える必要はありません。

転職も選択肢の1つです。

 

まとめは以上となります。

とにかく、時間は有限です。

 

今の自分に「緊急性」を感じているなら、「幸せ」になるために行動しましょう。