雨の日のくせ毛対策は?メンズなら無理に抑える必要はありません!

雨の日のくせ毛対策は?メンズなら無理に抑える必要はありません!
お悩みくん
お悩みくん
湿気が多い日のくせ毛はつらいな。
特に梅雨時期はなにをしても髪がうねる。
雨の日のくせ毛対策ってどうすればいいの?

 

くせ毛の人にとって雨の日ほど憂鬱な日はないと思います。

特に梅雨時期なんて毎日髪がうねるので、外出するのも嫌になるほど。

しかも、メンズは女性に比べて髪も短く、結んだりしてカバーすることができません。

くせ毛歴が長い私も、雨の日には散々悩まされてきました。

 

しかし、くせ毛でも工夫次第で対策が可能。

基本的には、メンズであればくせ毛は抑えるより活かした方が得です。

 

なぜなら、雨の日だとくせ毛を抑える努力をしても時間が経てば戻ってしまうから。

みなさんにも経験があると思うのですが、

いくら美容師さんに聞いた方法やネットで調べた方法を試しても、

完璧に対策するのって難しいです。

 

本記事では、雨の日対策としてくせ毛を活かす方法をご紹介します。

この記事を読めば、雨の日でも湿気が気にならなくなり、自信をもって外出できますよ!

 

この記事のポイントはこちら。

・雨の日のくせ毛対策

・雨の日におすすめしないくせ毛対策

・雨の日のくせ毛はヘアケアが重要

 

くせ毛に悩まされているメンズのみなさん!

ぜひ参考にしてみてください。

 

雨の日のくせ毛対策

 

雨の日のくせ毛対策は、くせを抑えるより活かすのがおすすめ。

私が実践している方法は以下の通り。

・ヘアスタイルをツーブロックにする

・部分縮毛をかける

・パーマスタイルでヘアセット

 

それぞれ見ていきましょう。

 

雨の日のヘアスタイルはツーブロックがおすすめ

くせ毛であれば雨の日はツーブロックがおすすめです。

なぜなら、くせが気になりやすいサイドと襟足部分を刈り上げれば、

少なくともその部分はくせを気にする必要がないからです。

 

しかも、髪がスッキリしておしゃれ!

私は雨の日に限らず年中無休でツーブロックです(笑)

 

また、くせ毛にツーブロックは相性が良いです。

くせ毛のツーブロックについてはこちらの記事でもご紹介しています。

 

 

雨の日が多い梅雨時期だけ部分縮毛をかける

梅雨時期に縮毛矯正は最適!髪のうねりに悩むことがなくなります。

しかし、髪全体に縮毛矯正をかけるのはそれなりにデメリットも。

個人的にはおすすめしません。

詳しくは以下の記事をどうぞ!

 

 

くせ毛の人にとって一番やっかいなのは前髪のうねりだと思います。

だいぶ印象が変わりますからね・・・。

なので、前髪だけ部分縮毛をかけるのであればかなり効果的。

 

縮毛矯正で前髪をカバーしておけば、

爽やかな印象を保ったままトップでくせを活かすことができます。

前髪はストレートにして他全体はパーマスタイルに仕上げれば、

それだけでかなりオシャレなヘアスタイルになりますよ!

 

くせ毛を活かしたパーマスタイルでヘアセットをする

上記で部分縮毛をおすすめしましたが、前髪を含めて全体をパーマスタイルにするのもアリです。

くせをとにかく活かすスタイルにしてしまえば、

湿気の影響を受けても気にする必要がなくなります。

 

つまり、どうせ髪がうねるなら最初からうねりを前提としたヘアスタイルにしてしまえばいいのです。

 

なので、くせ毛を活かす方法を学びましょう。

以下の記事でくせ毛のヘアセット方法をご紹介しています。

雨の日のヘアセットに悩む方は必見です。

 

 

雨に日におすすめしないくせ毛対策

 

雨の日に散々悩まされる人がやりがちな対策は2つあります。

私自身、何度も失敗しました。

・ヘアアイロンだけで対策

・ヘアワックスをつけまくる

 

上記2つはくせ毛にとってNGです。

 

ヘアアイロンだけで対策する

ヘアアイロンで頑張ってストレートにしても、雨の日はあまり効果がありません。

せめて、朝シャン後にヘアケア剤をつけて髪質を良くしてからヘアアイロンを当てましょう。

 

ちなみに私は、雨に日だからこそと言いますか、ヘアアイロンに頼っていません。

どうせすぐに髪がうねりますから・・・。

それならくせ毛を活かそう!と考える派です。

 

ヘアワックスをつけまくる

昔の私はこう考えていました。

ヘアワックスを大量につければ髪のうねりを抑えられるのでは!?

 

もちろん、とんでもない勘違いでした。

雨の日にくせ毛を活かすなら、ヘアワックスは軽めのほうが良いです。

 

なぜなら、ヘアワックスでボリュームを出してさらに湿気でもボリュームが増すため、

髪型はボンバーヘッドです。

 

特に根本にヘアワックスをつけてしまうと、よりボリューミーになってしまいます。

掻くようにして毛先にだけつける感じで、軽くなじませましょう。

 

雨に日のくせ毛はヘアケアが重要

 

くせ毛を活かすとはいえ、ある程度ヘアケアで改善はしておきたいです。

なぜなら、髪質が良くなければヘアセットが難しくなるから。

 

くせ毛は雨の日に限らず、日々のヘアケアが命です。

くせ毛を活かすためにヘアケアはしっかりと行っておきましょう。

 

髪をしっかり乾かす

超基本です。

夜の風呂上がりも朝シャン後(私はしないですが)も髪をカラカラに乾かしましょう。

 

髪が濡れたまま放置するのはくせ毛にとって最も良くない行為です。

髪が痛みますし、ヘアケア剤を使用してもなかなか改善されません。

 

ドライヤーを髪からある程度離し、左右に振りながらよく乾かしてください。

 

ヘアオイルでくせ毛対策

私は風呂上がりのタオルドライ後にヘアオイルを使用しています。

正直、基本的なことだけやっておけばヘアオイルだけでもかなりくせ毛が改善されます。

個人的には洗い流さないトリートメントよりもおすすめです。

 

私が愛用しているヘアオイルを以下の記事でご紹介しています。

ヘアケア剤をお持ちでない方はぜひチェックをどうぞ!

 

 

くせ毛を改善するシャンプー

くせ毛をストレートにしてしまう魔法のシャンプーもあります。

もちろん本当の魔法ではありませんが(笑)

 

しかし、「魔法のシャンプー」と呼ばれるほど画期的なことはたしかです。

oggiottoというシャンプーなのですが、私も所有してまして。

お出かけや大切な日の数日前にだけ使用しています。

 

以下の記事でoggiottoをご紹介しています。

ぜひご覧ください。

 

 

雨の日のくせ毛対策まとめ

 

雨の日のくせ毛対策は、基本的にくせ毛を活かした方が得です。

メンズのくせ毛対策は以下の3つ。

・雨の日のヘアスタイルはツーブロックがおすすめ

・雨の日が多い梅雨時期だけ部分縮毛をかける

・くせ毛を活かしたパーマスタイルでヘアセットをする

 

ツーブロックはスッキリ見せつつくせ毛を活かせるヘアスタイル。

さらに、前髪にだけ部分縮毛をかければ梅雨時期はかなり楽になります。

いずれにしても、まずはくせ毛を活かすヘアセット方法を身に付けましょう。

 

逆に雨の日はNGな対策は以下の2つです。

・ヘアアイロンだけで対策する

・ヘアワックスをつけまくる

 

ヘアアイロンは個人的にくせ毛対策としておすすめしません。

もしヘアアイロンを当てるなら、シャンプーやヘアケア剤で髪質を良くしてからにしましょう。

 

ヘアワックスのつけすぎにも注意。

ワックスと湿気でボリュームが増し増しになってしまいます。

つけるなら毛先に軽くなじませる程度が理想です。

 

最後に、くせ毛にとって日々のヘアケアは最も重要。

髪を濡らしたままはくせ毛にとって最も愚かな行為です。

また、雨に日対策としてヘアケア商品は絶対に持っておきましょう!

 

雨の日のくせ毛対策は以上です。

一言でまとめますと、くせ毛は無理に直すより活かした方が得です!

そのためにも日々のヘアケアはしておくべき。

くせ毛に悩むみなさんもぜひ、雨の日でもくせを活かした生活を送ってみてください。