人間関係が苦手で仕事が上手くいかない私は「自信」が足りなかった

人間関係が苦手で仕事が上手くいかない私は「自信」が足りなかった
お悩みくん
お悩みくん
仕事上の人間関係がどうしても苦手だ。
家族や友人の人間関係は悪くないのに、どうして仕事になると上手くいかないんだろう。
もっと自分らしく仕事がしたいな。

 

普段、特に人との関わりが少ないわけでもないのに、仕事になると人間関係に苦手意識を持つ人っていますよね。

 

私も前職は営業関係をしていまして、若い頃、取引先との人間関係だけは非常に苦手でした。

 

そのせいで失敗や挫折をした経験もあり、今となってはいい思い出ですが、辛かったです(笑)

 

というわけで、同じ思いをしているみなさんに向けてこの記事を書きました。

 

私は現在、社会人歴は10数年くらいです。

今は特に仕事の人間関係に苦手意識とかはないですが、「あの頃こうしていればよかったなぁ」と思うことがあります。

 

それは、仕事上での姿勢や態度にもっと「自信」を持つことです。

 

なぜなら、結果的に「自信」が私を変え、苦手意識の克服につながったからです。

 

ちょっと抽象的なので、本記事でご紹介します。ぜひ読み進めてみてください。

 

この記事を読めば、仕事の人間関係に苦手意識がなくなり、「自信」を持って人と接することができますよ!

 

それでは、記事の内容は以下の通りです。

・仕事の時だけ人間関係が苦手になる原因と改善方法

・仕事の人間関係の苦手意識をなくす1番の近道

・現状を変えるために行動してみるのもアリ

 

仕事をする上で「自信」を持つとはどういうことなのか?

私が人間関係の苦手意識をなくした方法をお伝えします。

 

仕事の時だけ人間関係が苦手になる原因と改善方法

 

原因は大きく分けて2つほど考えられます。

・仕事という意識を持ちすぎている

・「好かれたい」とか「嫌われたくない」と保守的に考えている

 

順にお話していきますね。

 

仕事という意識を持ちすぎている

 

普段の人付き合いは悪くないのに仕事の時だけ苦手に感じてしまう人は、「仕事」という意識を持ちすぎている傾向にある気がします。

 

まさに、私の若い頃がこれでした。

 

仕事上なので相手を丁寧に扱わなければいけないとか、社会人風を装わなければいけないといった感じですね。

 

たしかに仕事なので最低限のマナーや態度は必要ですが、仕事だからといって人間関係に慎重になりすぎるのも良くない。

 

なぜなら、相手との距離をつめるのも仕事のうちだからです。

 

特に営業関係であれば、必須のスキルですね。

世間話を織り交ぜたり、簡潔に用件をお伝えするなどして、「関わりやすい人」を意識する。

 

その方が自分も人と話すのが楽しいですし、相手にも好印象を与えます。

 

なので、「仕事」を意識しすぎず、「関わりやすい人」を意識してみませんか。

 

私はこれを意識できず、担当していた企業の営業人事を変えられた経験があります。当時は悔しくて超泣きましたが、今思えば若かったですね・・・。

 

「好かれたい」とか「嫌われたくない」と保守的に考えている

 

これは取引先とかよりも、職場内で多いパターン。

 

「好かれたい」とか「嫌われたくない」と保守的に考えている人は、仕事での人間関係に苦手意識を持ってしまうものです。

 

仕事って自分が気に入った人とだけ関わるのではなく、人がランダムに寄せ集まったもので、家族や友人との人間関係とは全然ちがいますよね。

 

そんな中、自分が孤立しないようにと保守的になる気持ちはわかります。

 

しかし、そのような状態で仕事をしていても自分のためにならないかと。

変わる努力をするしかありません。

 

「自分はちがう!」と思っていても、知らずのうちに保守的な意識を持っている人もいます。

ちなみに私がそうでして、気が付いたので改善しました。みなさんはどうでしょうか。

 

これに関しては以下の記事で解説しています。人間関係を気にしすぎる人はあわせてご覧ください。

 

 

仕事の人間関係の苦手意識をなくす1番の近道

 

上記でお話したように「仕事という意識」と「保守的な考え」を少しでもなくせばOKです。

 

とはいえ、冒頭でも少し触れましたが、「自信」が1番の近道だと思います。

 

以下で詳しく解説しますね。

 

低い姿勢よりも「自信」が大事

 

仕事をする上で低い姿勢も時には必要です。

しかし、低すぎる姿勢は入社したての時だけで充分。

 

あとは「自信」を持って人と接することができるかどうかです。

 

例えば、仕事を意識しすぎてつい「すみません」と謝るクセがあるとします。

大きな失敗をしたわけでもないのに謝るのは、あまり良い印象ではありません。

 

なぜなら、それは相手にも気を遣わせるからです。

 

別に怒っているわけでもないのに「すみません」と言われたら、「いや、なんかこちらこそ・・・」ってなりませんか。

 

それよりも、失敗したとしても「申し訳ないです!次は気をつけます!」とハキハキした態度の方が好印象ですよね。

 

低い姿勢から徐々に腰を上げて、胸を張って人間関係を築ければ、苦手意識もなくなりますよ。

 

自分が苦手意識を持つと相手にも伝わる

 

「あー、この人苦手なんだよなー」という気持ちで接すると、相手にも伝わります。

 

私が営業の担当を変えられた時も、これが主な原因だったと思います。

 

担当を変えられる前に営業していた企業のお偉いさんにちょっと怖い人がいまして、苦手でした。

そのお偉いさんに自信なさげだった自分の態度を指摘されたことがあります。

 

低姿勢かつ自信もない態度が、相手にも伝わってしまいました。

とても悔しかったけど、非常にいい経験でしたね。

 

自分の苦手意識が相手にも伝わるなら、最初から苦手意識を持っていてはだめです。

 

「自信」を持つとはどういうことかを考えました。

 

ハキハキした態度は好印象を与える

 

結局、シンプルですがこれが本質な気がします。

 

私は返事やしゃべり口調、行動まで、ハキハキした態度を心がけました。

 

これによって、営業の担当を変えられたり、企業からのクレームを受けることもなくなったのです。

 

当時は若かったので、「さわやか」とか「フレッシュだね!」という言葉をいただきました。非常に好印象でしたね。

もう当時の若さはないので、あの頃に戻りたい(笑)

 

ぶっちゃけ、現時点で仕事ができる人間にならなくて良いです。

 

それよりも「自信」を態度に出していきましょう。

 

その方が周りに好印象を与え、仕事も上手くいきます。

 

たとえ失敗や不手際があったとしても、低姿勢は必要ですがハキハキした態度でお詫びをすれば、ちゃんと相手にも伝わります。

同じ失敗を繰り返さなければOKです。

 

現状を変えるために行動してみるのもアリ

 

一度、人間関係に苦手意識を持ってしまうとなかなか改善は難しいかもしれません。

 

だったら、自身の成長のためと思って、環境を変えるのもアリかと。

 

毎日緊張した状態で働くのはキツイ

 

仕事の人間関係が苦手=毎日緊張した状態

 

私はわりと毎日緊張していたのですが、みなさんはどうでしょうか。

 

常に緊張した日々を送るのって正直かなりキツイですよね・・・。

 

もしみなさんが、今の職場を好きでもないのに続けているとしたら、精神的にも良くない。

心や体を壊さないようにだけ気をつけてほしいです。

 

私の場合、仕事自体は好きだったので7年は継続。しかし、結局転職しました。

 

転職も選択肢の1つ

 

結論、転職も選択肢の1つかと。

 

転職は逃げでもなんでもありません。

自分の視野を広げられますし、成長にもつながります。

 

なにより、個人的に働く上で人間関係はとても重要という意見です。

 

時間は有限ですので、もし迷うのであれば、ぜひ行動してみてほしいです。

 

以下の記事で私の意見を詳しく解説しています。興味があればチェックをどうぞ!

 

 

とはいえ、転職はすぐじゃなくてもいい

 

本記事を参考に、仕事の人間関係の苦手意識がなくなればベストなので。

 

もし現時点で転職も視野に入れているのであれば、まずは転職サイトに登録するだけでもいいと思います。

 

いくつか転職サイトを登録し、求人を見比べつつ今の仕事をする。

その上で、転職意欲が増したら行動すればいいかと。

 

あえて転職サイトに頼らず、転職エージェントに相談してみるのもおすすめです。

 

自分が置かれている状況や、人間関係の苦手意識を理由に転職も考えていると伝えれば、良いアドバイスや求人を紹介してくれるかもしれません。

 

転職サイトと転職エージェントについてよく知らないよ!という方がいましたら、ご安心ください。

以下の記事でまとめています。

私が実際に利用したことがあるサービスもご紹介しているので、ぜひチェックをどうぞ。

 

 

仕事の人間関係の苦手意識をなくす本質は「自信」です

 

仕事上の人間関係に苦手意識を持つ原因は大きく分けて2つ。

・仕事という意識を持ちすぎている

・「好かれたい」とか「嫌われたくない」と保守的に考えている

 

仕事を意識しすぎず、「関わりやすい人」を意識しましょう。

保守的な考えをなくし、自分を変える努力も必要です。

 

 

ただ、この原因を改善する1番の近道は「自信」を持つことです。

 

低い姿勢も時には必要ですが、それだけでは足りません。

 

自信なさげで苦手意識を持つと、相手にも伝わります。

気を遣われたり、信頼されません。

 

なので、シンプルですがハキハキした態度を心がけましょう。これが「自信」の本質です。

 

「できる人間」になるよりも「自信」を持つ努力をしたほうが、仕事も上手くいくかと思います。

 

 

とはいえ、一度苦手意識を持つとなかなか改善が難しい人がいるかもしれません。

 

そんな時は無理せず、環境を変えるために転職もアリだと私は思います。

 

仕事の人間関係の苦手意識を克服する努力をしつつ、転職サイトや転職エージェントに登録して求人を眺めてみる。

 

仕事の人間関係の苦手が改善されたらそれがベストですし、転職意欲が増したら行動してみるといい。

 

このように視野を広くしてみるといいかもしれませんね。

 

 

私も若い頃は仕事の人間関係が苦手でした。

でも、改善したし、転職もしています。

 

なので、みなさんだけが悩んでいるわけではありません。

きっと苦手を克服できるし、環境を変えることだって可能です。

 

思考停止で働くのだけは良くないので、本記事を参考にしていただき、今置かれている状況を自分なりに改善する努力をしてみましょう!