人付き合いが上手い人の特徴は?「魅力的な人」になる方法。

人付き合いが上手い人の特徴は?「魅力的な人」になる方法。
社会人になってから、なんだか人付き合いに疲れるな。
上手に人間関係を築いている人を見ると本当に尊敬する。
自分もあんな風になりたいから、人付き合いが上手い人の特徴を教えて!

 

社会人にとって人付き合いはとても重要です。

なぜなら、元々は他人だった人と一日の大半を過ごすわけですから。

 

なので、性格や価値観が合わない人とも上手に付き合っていく必要があります。

 

そんな中、上手に人間関係を築ける人もいるわけで、人付き合いが苦手な人にとってはとても羨ましいスキルですよね。

 

この記事は「自分もあの人のように人付き合いが上手くなりたい!」と願う人に向けて書きました。

 

実は、私自身の課題でもあります。

今でも突き詰めているものでして、自分なりに人付き合いが上手になるために日々努力している所存です。

結果的に、今は昔より遥かに成長できていると思います。

 

本記事では人付き合いが上手い人の特徴や、私自身が実践していることなどをご紹介。

 

結論から言いますと、人付き合いが上手い人は「魅力的な人」という意見です。

 

なぜなら、魅力があると周りの人に信頼される。よって、人間関係を上手に築くことができるからです。

 

具体的に説明したいので、ぜひ本記事を読み進めてみてください。

 

本記事の内容は以下の通り。

・人付き合いが上手い人の特徴

・人付き合いが上手い人は「魅力的」

・自分も「魅力的」な存在になるにはどうしたらいいか?

・でも、「自分」を見失わないように注意が必要

・最後に、少し違った視点で意見を言わせてください

 

人との上手な付き合い方をマスターして、社会人としてのステップアップを目指しましょう。

 

人付き合いが上手い人の特徴

 

私の知人に思い当たる人が2人います。

話し上手だったり、周りの人から信頼を得るのがとても上手。

 

羨ましいことに、とても魅力的な人たちです。

 

そんな2人にはいくつか共通する特徴があるので、以下で書き出してみます。

 

1人は私の友人で、幼稚園からの付き合いでして。腐れ縁ながら尊敬しています。

もう1人は職場の先輩。といっても自分の1こ下で、年下ながら魅力的に感じる人なのです。

 

自分の意見が明確

 

他人の意見に流されず、自分の意見をはっきりと言えます。

しかも、人の意見にしっかりと耳を傾けた上で、です。

 

明確な意見を持つ人は、他人の意見と自分の意見が同じであれば同調するし、意見が食い違えば説得力のある発言で納得させる不思議な力があります。

 

もちろん、自分が間違っていれば素直に認めるという器の広さも特徴です。

 

知識が豊富

 

世の流れに敏感で、会話のネタに困らない。

世間に対して自分なりの意見を持っていて、会話のレベルが高いです。

 

一緒に会話すると、自分まで大人な雰囲気を出せていると錯覚を起こしてしまうほど。

会話していてこっちが気分良くなってしまいます。

 

また、職場では仕事内容をかなり熟知していて、わからないことを聞けば何でも答えてくれます。

 

常に冷静

 

多少のトラブルがあっても、焦らないです。

これはおそらく、焦っても何も解決しないことを感覚的に知っているからだと思います。

 

なので、冷静に対処し、あっさり乗り切る。

それだけで魅力的に見えるし、周りからも信頼されますよね。

 

他人の悪口を言わない

 

人の悪口はあくまで「聞き手」としていますね。

なんとなく共感する雰囲気は出しますが、一緒になって悪口を言うことはない。

 

悪口は圧倒的に「負」の感情で、自分にもストレスとなって悪影響を及ぼすものです。

人付き合いが上手い人はそれをわかっているので、あえて自分から悪口を言わないのだと思います。

 

悪口を言わないから「人格者」として見られるし、仮に自分が陰口を叩かれていても、あまり気にしないでしょう。

 

「人」をよく見ている

 

人の「良い所」も「悪い所」も熟知しています。

 

「良い所」は純粋に褒める。

「悪い所」はあえて指摘せず、相手に直してもらおうと期待もしません。

 

良い意味で他人に興味を持たず、自分がどう相手の「悪い所」と付き合っていくかを常に考えている気がします。

 

逆に「良い所」を褒めつつ、あえて「悪い所」を指摘して、アメとムチを使い分けることができるのも特徴。

 

仮に、みなさんに「良い所」も「悪い所」も評価してくれる友人がいたら、それだけで友人としての「信頼」につながると思いませんか。

 

行動力がある

 

自分を高めるために「行動」することを惜しまないです。

 

「努力」とは少し違くて、現状を変えるために無難を選ばないといった感じでして。

 

例えば職場を変えたいと思ったら、即座に動いて、かつ計画的に転職活動をする。

 

自分にとってベストだと思う選択があれば、迷いません。

 

人は基本、変化を嫌う生き物ですが、人付き合いが上手な人は行動力があります。

それは、行動力がない人にとっては輝いて見えるし、魅力的。

 

もちろん、影ではかなり努力もしていると思います。

 

人付き合いが上手い人は「魅力的」

 

冒頭でも少し触れました。

人付き合いが上手い人の特徴を一言でまとめると、「魅力的」です。

 

なぜなら、魅力があるから信頼されるし、カリスマ的なオーラを感じるから。

言い方を変えると、他人に羨まれる存在ですね。

 

なので、人付き合いが上手い人になるには、自分が人とどう関わるかというより、人にどう見られるかに注目するべき!

というのが私の意見です。

 

自分も「魅力的」な存在になるにはどうしたらいいか?

 

人付き合いが上手い人の特徴から考察し、自分も魅力的に見られるにはどうすればいいか?

 

私は大きく分けて2つの視点に注目しています。

・自分を客観的に見る

・人付き合いが上手い人の特徴を真似する

 

以下で説明します。

 

自分を客観的に見る

 

まずは、自分を客観的に見ることが重要。

先ほども触れましたが、「人にどう見られるか」に注目するべきだからです。

例えば、人との会話や勤務姿勢ですね。

 

人との会話

人と会話している時、冗談のつもりで発言したことが相手にとってはショックな一言だった。

 

あまり深く考えないで会話している「魅力的ではない人」の特徴です。

 

人付き合いが上手い人は、余計な一言を言いません。

相手に言いづいことがあれば、オブラートに包むことができます。

 

つまり、客観的に見て「自分が言われたら嫌なこと」が把握できているのだと思います。

 

私は恥ずかしながら、自分の会話を客観的に見られず、相手を傷つけたことがあります。

発言も非常に幼稚。

でも、今は少しずつ改善できていると思います。

 

とはいえ、評価するのは自分ではなく周りの人です。

 

いずれにしても自分が意識しないと変われないので、みなさんも会話の仕方に気をつけてみませんか。

 

勤務姿勢

自分が仕事で手を抜いている時、周りに迷惑がかかっていないか?

 

仕事で手を抜くこと自体はそんなに悪いことではないです。

 

人付き合いが上手い人でも、適度に手を抜いて仕事していると思います。

 

ですが、時と場合による。

 

手を抜いた結果、自分だけ後で大変な想いをするなら問題ありません。

しかし、周りにも火の粉が降りかかるのであれば最悪です。

 

つまり、魅力的な人は妥協の仕方が上手いです。

 

周りに絶対迷惑はかけないし、必要な仕事だけ先にピックアップしてこなす。

 

客観的に見ると「決める時はビシッと決める人」といった感じです。

 

なので、勤務姿勢でも自分を客観的に見つめてみましょう。

 

妥協もするけど「決める時はビシッと決める人」は、周りからも信頼度が高いと思います。

 

人付き合いが上手い人の特徴を真似する

 

先ほどご紹介した、人付き合いが上手い人の特徴を1つでも真似してみるのも良いかと思います。

 

もしくは、みなさんの周りに魅力的な人がいれば、その人の真似をしてみる。

 

全部じゃなくて、どれか1つ実践してみると、自分に少し変化をつけることができます。

 

私自身、会議で自分の意見をバンバン言ったり、行動力を鍛えたりしています。

人付き合いが上手い人を参考にして、今後も自分自身の成長を目指すつもりです。

 

でも「自分」を見失わないように注意が必要

 

人の真似をしたら、人付き合いが上手くなるかもしれません。

 

しかし、「自分」を見失ったら意味がないし、自分自身を偽ることになります。

 

それは非常にストレスだし、不毛です。

 

じゃあどうすればいいのか?

 

他人は他人、自分は自分

 

基本は「他人は他人、自分は自分」という意識を持つことです。

「自分を持っている」ことが本質でして。

 

なぜなら、自分を持っている人は人間関係に悩まないからです。

 

具体的に言いますと、他人にどう思われようが自分には関係ないので、人にビクビクして過ごすとことがない。

 

常にリラックスした状態で人間関係を築くことができるので、結果的に人付き合いが上手になることにもつながります。

 

私は職場の人間関係に悩んでいた時、自分の価値観の変化で意識することができました。

 

人それぞれ価値観は違い、自分だけの価値観を押し通すのはエゴだったりします。

 

これに関しては以下の記事で私の体験談交えつつ、ご紹介しています。

ぜひチェックしてみてください。

 

 

最後に、少し違った視点で意見を言わせてください

 

人付き合いが苦手なのは、人間関係を気にしすぎているという意見です。

 

なぜなら、「知らずのうちに人にどう思われているか」ばかり気にしているから。

 

「どう見られるか」は重要ですが、「どう思われるか」を気にしすぎる必要はないです。

 

なので、自分が変わるためには人付き合いが上手な人になるより、人間関係を極端に気にしすぎない人になることも重要だと思います。

 

この意見に関しては以下の記事でご紹介していまして、本記事とあわせて読んでみてほしいです。

 

 

人付き合いが上手い人の特徴まとめ

 

特徴は以下の通りです。

・自分の意見が明確

・知識が豊富

・常に冷静

・他人の悪口を言わない

・「人」をよく見ている

・行動力がある

 

一言で表すと、「魅力的な人」です。

 

 

じゃあ、自分も魅力的な人になるにはどうすればいいか?

・自分を客観的に見る

・人付き合いが上手い人の特徴を真似する

 

相手の気持ちを考えたり、説得力のある発言は「自分を客観的に見る」のが上手い証拠だと思います。

 

勤務姿勢も「決めるときはビシッと決める」人であれば、信頼度は高いです。

 

妥協しつつ、重要な仕事はしっかりこなすと、周りの人から要領がいい人にも見られるでしょう。

 

なので、客観的な視点は重要。

 

また、人付き合いが上手い人の特徴を1つでも真似してみると、自分の変化にもつながります。

 

 

でも、「自分」を見失ってはいけません。

 

魅力的な人になるには「自分を持っている」ことだと思います。

 

結局は「他人は他人、自分は自分」なので、人間関係に極端に悩む必要はありません。

 

人に「どう思われているか」を気にするより、「どう見られるか」を意識しましょう。

 

 

本記事では、人付き合いが上手い人は魅力的な人だと解説しました。

 

しかし、みなさんに魅力がないと言っているわけではありません。

人それぞれ魅力はあります。

 

でも、一際目立って魅力を感じる人がいるのも事実ですよね。

 

それを評価するのは自分ではなく他人です。

 

なので、人付き合いが上手い人を目指すなら、他人に評価されることが目的ではいけない気がします。

 

あくまで自分自身の成長のため。

私も日々精進していきたいと思います。