価値観の押し付けが激しい!そんな上司の特徴と対応策は?

価値観の押し付けが激しい!そんな上司の特徴と対応策は?
お悩みくん
お悩みくん
自分の価値観を押し付けてくる上司にウンザリ!
その上司のせいでストレスも溜まるし・・・。
どんな風に対応したらいいのだろう?

 

このような悩みをお持ちの方へ。

 

本記事を書いている私も、価値観の押し付けが激しい上司と仕事した経験があります。

当時は散々悩みましたが、今は解放されてストレスもだいぶ緩和されました。

 

この記事の結論!と言うにはちょっと抽象的ですが、一言でいうと、価値観は人それぞれです。

 

✔本記事の内容

価値観の押し付けが激しい上司への対応についてご紹介。私が実践した方法です。

 

とはいえ、擁護するわけではありませんが、あなたの上司を否定する意見ばかりではないかもです。

 

管理人 kyon
管理人 kyon
価値観を押し付けられる身は辛いですが、上司も人間です。
たまたまあなたと価値観や考え方が違うだけなのかもしれません!

 

この記事を読んで、上司という人間と、自分自身を見つめ直してみませんか。

 

✔あわせて読みたい記事

「もう上司が嫌いで限界!」という人向けにも記事を書きました。

上司のせいで仕事が憂鬱なら、あわせて読んでみてください。

 

 

価値観の押し付けが激しい上司の特徴

 

価値観の押し付けにも、様々な特徴があります。
あなたの上司はどのようなタイプでしょうか。

 

それを知ることで、ある程度の対応策が見つかるはずです。

また、相手の性格を理解することにもつながり、今より上手に付き合う方法を学べるでしょう。

 

自分が一番できる人間だと思っている

 

上司という立場になるには、ある程度の経験を積むことが第一。
言い方を変えると、年功序列といったところでしょうか。

 

あなたの上司はもしかしたら「上司という立場になったのは仕事ができる人間だから」勘違いしているかもしれません。

 

もちろん、経験+スキルが身に付くことで上司になる人もいるでしょう。
しかし、必ずしもそうとは限りませんよね。

 

管理人 kyon
管理人 kyon
スキルは普通でも、経験だけ積めば上司になれるような会社だってあります!

 

このような勘違い系の上司とうまく付き合うには、相手を不快にさせないことが重要。

そのうえで、さりげなく自分の意見を聞いてもらえるような、繊細なコミュニケーションが求められます。

 

自分と違う考えの人を認めたくない

 

自分が一番正しいと思っている、ちょっと頭が固めな上司。

このようなタイプは、自分と価値観が違う人をなかなか認めてくれません。

 

同僚であれば、「あなたの考えが全て正しいとは限らない」と伝えられそうですが、上司となると話は別。

なぜなら、部下に意見されるなんてプライドが許さないからです。

 

管理人 kyon
管理人 kyon
下手すると関係が劣悪になってしまう可能性も!

 

結構やっかいな上司なので、適度な距離感や相づちなどで乗り切るのが無難でしょう。

 

承認欲求が高い

 

承認欲求、つまり、周りに認められたいと思っている上司。

次男気質で、評価されることで安心感を得たいという背景があります。

 

管理人 kyon
管理人 kyon
認められるために自分の意見を貫く姿は素晴らしい!
ですが、それを周りに押し付けてしまっては逆に不信感を抱かれてしまいますね・・・。

 

おそらく本当は自分に自信がないタイプで、価値観を強要することで自分を保っている可能性が高いです。

しかも、本人は価値観の押し付けをしていることに気づいていない。

 

このような上司の場合、まずは意見を肯定してあげるのもおすすめ。

ちょっと子供っぽいタイプなので、褒めたりすると機嫌が良くなったりします。

 

そして、うまく信頼を得られると、かなり楽です。

 

「変化」が嫌いで、部下に任せたくない

 

古典的なやり方に固執し、「今のやり方で問題ないんだから変える必要はないだろ」というタイプ。

 

本当は効率悪いのに、変化することを恐れ、部下にもそれを強要します。

仕事ができる部下を持ったとしても、意見に耳を傾けるようなことはありません。

 

管理人 kyon
管理人 kyon
まずは上司に与えられた仕事はきっちりこなし、謙虚な姿勢で信頼を得ることが重要かもです。

 

良い関係を築きつつ、信頼されて初めて、部下の意見を取り入れてくれるようになります。

 

部下に見下されるのが不安

 

上司という位置を守るのに必死なタイプ。
「部下に見下されたくない」と、立場が危うくなるのを恐れているかもしれません。

 

そのため、あえて強気な発言で部下を引っ張ろうとする。

「強くてカッコイイ上司」になろうとして、空回りしてしまいます。

 

管理人 kyon
管理人 kyon
このような上司と接するなら、部下として尊敬の気持ちは必要かもしれません。

 

心を開き、関係を深めて、対等な立場で仕事ができるようになりましょう。

 

上司に価値観を押し付けられたときの対応は?

 

対応策を以下でご紹介します。それぞれ見ていきましょう。

 

まずは周りに相談

 

これは結構重要でして、まずは人に相談することです。

価値観の押し付けが辛いと感じたら、先輩や同僚の意見を聞いてみましょう。

 

管理人 kyon
管理人 kyon
同じような気持ちの人がいれば、気持ち的に楽になるはず!

 

「やっぱりあの上司の価値観に押し流されてはダメだな」と再確認することにもつながります。

逆に「上司の言っていることは正しい部分もあるよ」という意見が聞ければ、自分の価値観を見直す良い機会です。

 

価値観は本当に人それぞれなので、ひとりで悩むよりかは解決策がみつかりやすいはずです。

 

適度な相づちで聞き流す

 

上司の言うことに、肯定も否定もしません。

「うんうん、なるほど」と、適度に相づちをして聞き流すのもいいかもですね。

 

このような対応であれば、こちらの気持ちを悟られず、なおかつ上司を不快にさせることはありません。

 

管理人 kyon
管理人 kyon
上司が気持ちよく話せるような、聞き役に徹してみましょう!

 

絶妙な距離感で付き合えれば、あなたのストレスもある程度緩和されるでしょう。

 

肯定と否定を入れて会話する

 

上記とは逆に、肯定も否定も入れて会話するのも手。

 

「たしかにそうですね!でも○○なんですよね~」
といった感じです。

 

管理人 kyon
管理人 kyon
これ、実は私もよく使います(笑)

 

一度肯定を入れると、なぜか相手もこちらの意見を聞いてくれたりします。

人間の心理なのでしょうか、完全否定されるより気持ちよく会話できるのだと思います。

 

相手の気持ちを先に汲み取るように会話する

 

「なるほど!つまり、○○さんはこう思っているのですね!」
「ちなみに私は○○と思っています!」

 

このように、自分の気持ちはいったん置いておいて、上司の気持ちを先に汲み取るのもおすすめ。

 

管理人 kyon
管理人 kyon
価値観は人それぞれなので、押し付けられたという気持ちになる前に、相手を理解してみましょう。

 

信頼関係を築くうえでも有効でして。
上司的にも、理解してくれるだけで気持ちよく会話ができます。

 

自分の意見もさりげなく伝えられるので、状況を見て試してみてはいかがでしょうか。

 

【余談】相手は変わらないという話

 

価値観を押し付ける上司への対応にも様々な方法があります。

しかし、これらは「相手は変わらない」ことが前提です。

 

管理人 kyon
管理人 kyon
どんなにあなたが願っても、上司の性格は変わりません!

 

なので、上手く付き合うには「自分が変わるのがベスト」だと私は思います。

 

価値観の押し付けは辛いですが、上司だけが問題ではないケースもあるのです。
自分を見つめ直すことも時には重要。

 

これをぜひ理解してほしいです。

以下の記事で深堀しているので、良かったらご覧ください。

 

 

価値観を押し付けてくる上司がどうしても嫌なら?

 

どうしても嫌なら、環境を変えましょう。

異動が手っ取り早いですが、状況的に難しければ転職も視野にしれてみませんか。

 

✔まずはゆっくり仕事を探したい!

それなら転職サイトを眺めるだけでOK。

転職検討中でも、いざとなった時のために準備しておくのもありですね。

 

登録は無料なので、以下の記事からどうぞ。

※おすすめの転職サイトランキングを見る

 

✔まずは相談したい!

それなら転職エージェントがおすすめです。

転職するべきかを相談しつつ、自分にピッタリな求人を紹介してもらいましょう。

 

こちらも登録は無料。以下の記事からどうぞ!

※おすすめの転職エージェントを見る

 

価値観は人それぞれ!上司とうまく付き合おう!

 

価値観の押し付けは辛いですが、上司も人間です。
うまく付き合うには、相手を理解することも重要なのです。

まずは周りに相談し、本記事をもとに対応策を考えてみましょう。

価値観の押し付け上司にも様々な特徴があるので、自分に合った方法を実践してみてください!

 

 

本記事でもっとも伝えたかったのは、これを機に自分も見つめ直してみませんか?という意見です。

価値観は人それぞれ。自分だけが正しいとは限りませんよね?

あなたの上司はもちろん、あなた自身にも言えることなのです。

私は自分の価値観を見つめ直したことで、ストレスが緩和されました。

 

 

とはいえ、あまりにも辛い!という気持ちもわかります。
環境を変えるのだって、自分を変えることにつながります。

・ゆっくり行動するなら転職サイトから眺めてみましょう。
※おすすめの転職サイトランキングを見る

・転職のプロに相談するなら転職エージェントがおすすめです。
※おすすめの転職エージェントを見る

 

それでは、お付き合いいただきありがとうございました。
今回は以上となります。